広告 情報

【TOEICの必要性】就活や仕事で困らないために勉強すべきか?

TOEICの必要性は?

※記事内にプロモーションを含みます。

TOEICの点数が低いと就活で困らないのか?就職してからTOEICの結果がどれほど必要になるのか?

そのような疑問をお持ちではないでしょうか?

じつは、これから社会人をむかえる人が、就活やその後の仕事において評価されるために、TOEIC受験が最優先ではありませんが必要性は高いです。なぜなら、TOEICはビジネスにおいて、数ある資格の中で最も評価をされる資格だからです。

この記事ではTOEIC800点を超えている私の経験談をふまえ、TOEICの必要性についてお話しします。読み終えていただければ、TOEICの価値がわかり、あなたがTOEICを受験すべきかがわかります。

TOEIC受験は最優先ではないが必要

就活や仕事であなたが評価をされるために、TOEICを受験することが最優先ではありません。ですが、必要性は高いです。

なぜなら、TOEICを受験をすることのメリットはかなり多いからです。具体的には次の章からお伝えするメリットがあるでしょう。

この記事で紹介するメリットを知り、あなたがTOEICを受験する必要性を考えてみましょう。

TOEICに挑戦するメリットは多い

TOEICを受験する必要性の理由として大きく次のことが挙げられます。

  • 周りより高い評価をされるから
  • 英語基礎力の向上に役立つから

このようなメリットがあるのです。 詳しくお話しします。

TOEICは就活と仕事でかなり評価をされる

TOEICでの点数は就活と入社後の仕事で高く評価されます。

なぜなら、実際にTOEICの点数を就活の面接や、仕事を始めてからの現場で、私自身が評価をされたからです。

実際、TOEICの点数のおかげで、面接での受けが良かったです。また、今では英語を使用する業務を任せてもらえています。仕事の選択肢も増え、評価も上がりました。

このように、TOEICでの点数が就活と仕事で有利に働き、他人との差をつけることができます。

ビジネスにおける英語力はTOEICで評価される

ビジネスにおいて、英語力はTOEICで評価されることが大半です。英語力が評価される資格として、他には英検がありますね。ですが、英検と比べてもTOEICの方が評価をされるでしょう。むしろ日本のビジネスにおいては、TOEICでしか英語力を評価されないといっても過言ではありません。

なぜなら、日本のビジネスの場では、「ビジネスの英語力を判断するならTOEIC」という風潮が根付いているのです。

私は一般企業の理系職で仕事をしていますが、仕事においてはTOEICしか話題にあがることはありません。

このように、ビジネスにおいてはTOEICで高得点を取得していることで英語力を大いに評価をしてもらえるでしょう。

TOEICは英語基礎力の向上になる

TOEICの勉強は英語の基礎力向上につながります。

その理由ですが、TOEICに出題される英文は、難易度の高くないものが大半だからです。つまり、基本的な英語力を試すには大変良い資格でしょう。

また、TOEICではスピーキングやライティングの問題が出題されません。スピーキングとライティングは、リーディングやリスニングと比べると難易度が高い技能ですよね。

ですから、まずは基本的技能であるリーディングとリスニングに特化した学習を、TOEICでは求められるという点でも、基礎力向上につながります。

実際に何問か問題を解いてみるとわかりますが、リーディングとリスニング共に高校初級レベルの知識があれば問題を解くことができるでしょう。

もちろんTOEICでは大量の問題をいかに早く正確に解ききれるかが問われますから、いきなり高得点を取得するのは難しいです。ですが、出題される問題の難易度が高くないことや、スピーキング、ライティングがないという点で、基本的英語力の向上には役立つでしょう。

TOEICの点数がないと困ることがある

TOEICを受験するメリットはお伝えしたとおりですが、逆にTOEICで良い点数を取っておかないと、のちに困る事例もあります。  

具体例を交えてお話しします。

TOEICの点数が必須の仕事もある

一部企業や仕事ではTOEICの点数を必須にしていることがあります。特に外資系企業や海外支店がある企業、さらには海外顧客がいる企業ではその傾向が強いです。また、その傾向は年々増加しています。

理由は、最近はグローバル化が進み、仕事で英語を使用する機会が急増しているからです。

一例を挙げると、楽天では社内公用語を英語とし、全社員にTOEIC800点以上取得を必須条件としています。そして、達成できない社員は減給の対象となるといった情報があります。

このようにTOEICの点数が低いと、仕事で支障が出る可能性があるでしょう。点数アップを目指すのであれば、今のうちに努力しておくことをおすすめします。

昇進にTOEICの点数が必要な場合もある

昇進するためにTOEICの点数が必要である事例もあります。

これは過去に私が実際に聞いた情報です。「昇進のためにTOEICで800点以上を取得する必要があるが対策法に迷っている」という内容です。

仕事をしていると、なかなか勉強時間を確保することが難しくなります。ですから、早めにTOEICの点数を上げておくことは大きなメリットです。昇進をするためにTOEICの点数が必要となっても焦らないために、TOEICの勉強を早いうちに行いましょう。

将来のビジョンが明確でない場合はTOEICに挑戦すると良い

toeicの必要性

将来自分が何をやりたいのか決まっていない人は多いはずです。
そんな人こそTOEICに挑戦すると良いでしょう。

TOEICは多くの職種で評価される

TOEICの点数は企業や職種で評価をされるでしょう。

なぜなら、全資格の中で最も多くの職種や業界で評価をされるのがTOEICなのです。

私は過去に就職活動や業務委託で仕事を受ける際、数々の面接を経験してきました。そして、面接の大半でTOEICの点数に良い反応を示していただきました。それは、どの業界、業種にも当てはまることでした。

このように希望する業界、職種が決まってない時こそ、どの仕事でも評価をされやすいTOEICに挑戦することは良い挑戦でしょう。

TOEICで高得点を取った過程を評価される

TOEICで高得点を取っておくと、評価されるのは英語力だけではありません。高得点を取った過程も評価をされるでしょう。

なぜなら、高得点を取ることは、自分がぶつかった問題を解決できる証明になるからです。TOEICで高得点を取得するためには、必ずといっていいほど点数が伸び悩む時期を経験することでしょう。それを乗り越えずして良い点数は取れないのですよね。

そして、同様な問題解決能力は仕事の場でも求められます。売り上げが伸び悩んだら、どのように解決しようか考えるのがビジネスの場ではよくあるでしょう。

このようにTOEICで高得点を取るために試行錯誤する経験はビジネスに共通します。ですから、高得点を取った過程を面接で評価してもらえるのです。

理系職こそTOEICが必要だった私の体験談

理系職を目指しているからTOEICを受けても意味がないのでは?

そういった意見はよく耳にします。ですが理系職こそTOEICの必要性は高いでしょう。  

就活や仕事ではTOEICを評価してもらえた

理系職であっても就活や仕事ではTOEICの点数を評価されることが多くあります。

なぜなら、技術職である私自身が、多くの場面でTOEICの点数を評価された経験があるからです。

私はITの技術職として、受けてきた面接のほとんどでTOEICの点数を評価していただきました。また、TOEICの点数が高いということで、入社後に外国籍の技術者と共に仕事をする機会もいただきました。おかげで評価も上げていただきました。

このように理系の就活や仕事現場においても、TOEICを頑張って良かったと思えることが多いです。

理系職で英語を使える人材は希少

理系職で英語を使える人材はかなり少ないです。

新卒から技術者として企業で働いていますが、英語を使える技術者はほんの一握り。当然TOEICで高得点を保持している技術者も少ないです。

ですから、TOEICで高得点を所有しているだけで技術者としての価値が大きく上がるでしょう。  

理系職では英語を使う機会が多い

理系職で英語を使いこなさなければならない場合は多いです。そして、その分面接の段階でもTOEICの点数が何点かみられるケースが多いのでしょう。

ITの技術者として感じるのですが、最先端のIT技術は海外で発明されることが大半。そのため、英語で書かれた論文を読むことが多くあります。さらに、多くの外国籍技術者と共に仕事をする経験もあります。今後さらにグローバル化が進む世の中において、この傾向は一層強まることでしょう。

理系職の場合、自分の専門分野のスキルはもちろん重要ですが、TOEICの点数アップを目指すことでさらに周りと差をつけられるでしょう。

優先順位を意識してTOEICを受けよう

toeicの優先順位

ここまでTOEICの必要性をお伝えしました。しかし、TOEICだけ頑張れば、必ず周りより評価をされるわけではありません。自分の目指す先によってはTOEICより優先すべきこともあるでしょう。

TOEICよりも大切なことはある

TOEICである程度点数が高いと評価をされる傾向にあるのは事実です。ですがTOEICよりも優先すべきことがあります。

なぜなら、TOEICの点数だけあれば、他の努力をせずに評価をされることはないからです。

例えば新卒の就職活動を例に挙げましょう。就活では自己分析を行うと思いますが、これを怠ると面接でなかなか評価をされませんよね。自己分析をしっかりし、自分の軸が定まった上でTOEICでも高得点を取得していることで、初めて評価をされるでしょう。

また、専門知識が求められる職種であれば、TOEICよりも目指す分野に特化した資格を取得する方がより評価をされるでしょう。

このようにTOEICは、他のスキルと組み合わせることで効果を発揮しやすくなります。面接や就活で評価をされるためには、TOEICがすべてでないことは頭に入れておきましょう。

英語を使用する職種を目指すならTOEICを受けるべき

TOEICを受ける優先順位は大事とお伝えしましたが、目指す職種が決まっていて、それが英語を使用する仕事であればTOEICを受けるべきです。

なぜなら、ビジネスにおいてはTOEICが最重要視されるからです。「英検の方がスピーキングとライティング問題も出題されるため、真の英語力を証明できるのではないか?」という意見もあります。確かにそうです。ですが、TOEICの方が評価されるのが事実です。

また、「海外就職や通訳などを目指す場合はTOEICよりもTOEFLやIELTSなどの上位試験を受けるべき」という意見もあるでしょう。ですが、そういった資格を受けるにしてもまずはTOEICで点数アップを目指し、英語基礎力の向上を行うのは大変良いことでしょう。

ですので、将来を英語を使用した仕事を考えているのであれば、まずはTOEICを受けるのがおすすめです。

まとめ

ここまでTOEICの必要性についてまとめてきました。この記事でお伝えした内容をまとめると次のようになります。

  • TOEICに挑戦するメリットは多い
  • TOEICの点数がないと困ることがある
  • TOEICは多くの職種で評価され汎用的である
  • 理系職こそTOEICが必要
  • 優先順位を意識してTOEICを受けよう

このように、TOEICは受ける必要性の高い資格です。

TOEICを頑張るのか、ひとまず他のスキルを身につけるのかの優先順位こそしっかり考える必要がありますが、周りとの評価で差をつけるためにぜひTOEICにチャレンジしましょう。

-情報